思い出に残る風俗体験

何気にハマった女の子が大宮のソープにいる

正直なところ、そんなに意識して指名した訳じゃないんです。ちらほらといくつか大宮のソープ店のホームページを見比べて、まあ彼女でいいかなってくらい軽い気持ちで指名したのが初めてでした。単純に可愛いとは思いますけど、じっくり調べて選んだ女の子って訳ではなかったんです。でも、そういったソープ嬢の方がかえって相性が良かったりするものなんですよね。
その日、彼女との時間はこれまでにない充実感があったんです。彼女がいるのは大宮のTというソープ店なんですけど、もうそれ以来大宮のソープに行ったら彼女ばかり指名するようになりました。その方が断然楽しいし、それに彼女、一度目のリピートの時点で既にこちらのことを覚えてくれていたんですよね。そこも決め手でした。
もしもあそこで「はじめまして」なんて言われていたら、きっと自分の気持ちは違ったものになっていたと思います。でも二度目に会った時に「久しぶり」「また来てくれてありがとう」って言われたんです。それでますます彼女のことが気に入ってしまったんです。

ソープは常にやる気満々ですよ

ソープは「何となく」とか、「ちょっとした気分」とかではなく、楽しむからには全力で楽しみたいって思っているんですよね。中途半端は意味がないじゃないですか。楽しむなら徹底的に。だからこそ、常にやる気満々で楽しむようにしています。
そのためには、やる気を出せるような相手を探すことに尽きますよね。まぁどの相手であってもそれなりにやる気は出ると思うんですけど、そうじゃないんですよね。やっぱり自分が好きだなとか、気になるとか、そこはもうソープ嬢を選ぶってよりも「好きな女の子を選ぶ」感覚ですよね(笑)自分の時間を委ねることになるんです。どんな女の子なのかによって、自分のやる気がどうなるのか結果が変わると言っても決して過言ではないんです。
だからこそ、自分は女の子選びに関しては地元の大宮のソープでかなり真剣に選ぶようにしていますけど、選んだあとはあれこれ言うことはありません。チェンジとかも考えたことはないですね。指名したら、あとはどれだけその子とソープを楽しむのか。それだけですよ。