思い出に残る風俗体験

非日常とはどこにあるのか

刺激が欲しい。たまには非日常を味わいたい…。毎日同じことの繰り返しでしかない自分のようんな人間にとって、刺激や非日常への渇望は強いと思うんですよね。むしろその渇望こそ、何かをしなければという原動力になるケースもあると思うんですよ。モチベーションの根源。それが刺激や非日常への飢えだということもよく分かるんですよね。自分もそうです。ふと、「毎日これ。いつまで続くんだろう」みたいな気持ちになってしまうこともあるんですよ。だからこそ、自分なりに刺激のあることを求めたいなって思うこともあるんですよね。その一つが風俗なんです。女の子と無邪気に楽しめる風俗の時間は、まさに刺激と非日常が混ざった貴重なものなんじゃないかなって思うんですよね。むしろそれがとても大きいというか、自分の中では本当に重要なことなんじゃないかなって思うので、風俗の存在がなければ、自分は毎日刺激とも非日常とも無縁の日々を送るしかないのかなって。

良い環境での風俗生活が始まった

最近単身赴任しているんですよ。会社が用意してくれたウィークリーマンションに住んでいるんですけど、このウィークリーマンション生活が想像以上に快適なんです。まず、風俗店が近くにたくさんあるんですよ(笑)それに、ウィークリーマンションにデリヘルを呼ぶのもOKです。まぁ会社に許可を取った訳ではないんですけど、会社からは自宅のように使って良いって言われていますので、お客を招くにもOKなんじゃないですかね(笑)結婚して子供もいてだと、お金じゃなくて他の部分で風俗を利用するのが難しいんです。嘘をついて風俗を利用するのは簡単ですけど、長い目で見るとウソがバレてしまうリスクの方が大きいですよね。それに、嘘が思わぬ形で大惨事になるかもしれないので、いくら風俗を利用したいからと言ってウソをつくのはまずいなと。そうなると、なかなか風俗を利用出来ないんですけど、今は嘘をつくことなく、風俗を自由に使える環境になりました(笑)