思い出に残る風俗体験

時間配分はあまり考えませんね

風俗での時間配分はあまり考えないで、自分の期の赴くままに楽しむようにしています。実際の所、それくらいが丁度良いんじゃないかなって思うんですよね。あまりにもがっつりと考えるようだと、計画が少しずれるだけでこっちとしてもダメージというか、困っちゃったりすると思うんですよ。だからあまりしっかりと計画を立てるのではなく、その日の展開次第くらいに思って置くのが良いのかなって。だから初めから何発抜こうとか計画を立てている訳ではないんです。すべてはその日の展開次第です。相手の風俗嬢次第な面もあるじゃないですか。上手な風俗嬢だったら意識することなく、勝手に二回戦に突入すると思いますしね。だからあまり自分であれこれ考える必要はないんじゃないかなって思いますけどね。むしろそれによって、風俗では自分なりにいろいろなことを考えることが出来るとも思うので、自由に、そしてその時の気分やモチベーションによって変えているんですよ。

他愛のない話にも価値がある

風俗嬢との他愛のない話は自分は大好きです。きっと「そんな話よりも早くしろ」と内心で思ってしまう人もいるかもしれません。自分も昔は多少なりともそんな気持ちになることもありました。風俗には話をしに行っているのではなくて、あくまでも気持ち良くなるために行っているんです。それなのに、無駄としか思えないような話をされても時間稼ぎなんじゃないかとか、どうしてもうがった見方をしてしまうこともありましたけど、最近はそういった他愛のない話もそれはそれで楽しいものだなって思えるようになったきたんですよね。自分の包容力が高まってきたというよりは、他愛のない話によって相手との距離が縮まるってことに気付いてきたんだと思うんです。それこそ面白くはない話でもある程度笑ってあげるだけで女の子のモチベーションも高まっているような気がするんですよ。だから他愛のない話って、何気に風俗嬢との距離を縮めるうえでとっても大切なんじゃないかなって。